サランヘヨブログ

韓国ドラマ、日本のアニメ等、ジャンルにとらわれずサランヘヨなことを書きたいと思います!

「チュノ~推奴~」あらすじ 腹筋ブームを巻き起こした大ヒット活劇

 

 

www.kankokulovecoffee.com

 

チュノ~推奴~ 腹筋ブームを巻き起こした大ヒット活劇

 

このドラマはアクションあり、愛憎あり、サスペンスありのドラマ界に腹筋ブームを巻き起こした大ヒット活劇です!

 

  1. 登場人物
  2. あらすじ
  3. 史実では

 

 

 1.登場人物

 

イ・テギル(チャン・ヒョク)

 

凄腕の奴隷ハンター。

 

もとは両班だったが、奴婢に転落する。

 

オンニョンを10年間捜し続けている。

 

 

ソン・テハ(オ・ジホ)

 

朝鮮最高の武将だったが、陰謀で妻子を失ってしまう。

 

亡き主君の忘れ形見を守るため逃亡奴隷に。

 

 

オンニョン(イ・ダへ)

 

(テギル)の家の使用人だった奴婢。

 

兄が起こした事件によって恋人の(テギル)と生き別れる。

 

 

ファン・チョルン(イ・ジョンヒョク)

 

冷徹な武官。

 

コンプレックスから友で上司だった(テハ)を裏切り、その命を狙う刺客となる。

 

 

2.あらすじ

 

第16代王・(インジョ)が支配する乱世の時代。

 

両班の若君テギルは下働きの娘(オンニョン)と密かに愛し合っていた。

 

だがある夜、2人の関係がバレる事件が起こり、(オンニョン)の兄は(テギル)の両親を殺して(オンニョン)と屋敷から逃げる。

 

10年後、みずからも奴婢に転落した(テギル)は(チュノ)と呼ばれる奴婢ハンターとなり(オンニョン)を捜していた。

 

一方、かつては(ソヒョン世子)の家臣で朝鮮最強の武将とうたわれた(テハ)は、権力争いに巻き込まれ、妻子を殺されたあげく奴婢に転落する。

 

主君の忘れ形見である幼い(ソッキョン)の暗殺計画を知り、阻止するために逃亡奴婢となる。

 

旅の途中で(へウォン)と名前を変えた(オンニョン)と道連れになる(テハ)。

 

男らしいテハに惹かれていく(へウォン)。

 

そんな(テハ)を、役人に金で雇われた(テギル)が追い詰める。

 

一方、町では自由を求める奴婢の(オッポク)達により両班暗殺団が結成されていた。

 

奴婢という最下層民に真正面からスポットを当てた骨太なアクション時代劇です。

 

制作費150億ウォン、韓国放映時に最高視聴率41.9%を記録しました。

 

愛なのか復讐なのか執着なのか、自分でもわからないまま初恋の人を追い続けるテギルをチャン・ヒョクが鬼気迫る表情で熱演しています。

 

忠義の男テハには時代劇初挑戦のオ・ジホが演じ、彼ら男性キャストが鍛え上げられた肉体美をこれでもかと披露し、ドラマ界に空前の腹筋ブームを巻き起こした。

 

その後もチャン・ヒョクは「輝くか、狂うか」「客主~商売の神~」に主演、オ・ジホは「イニョプの道」で再びカリスマ的な奴婢役を演ずるなど、共に時代劇で活躍。

 

 

3.史実では

 

(人ではなく物だった奴婢)

当時の身分制度は貴族階級の両班、役人からなるチュンイン、農民中心のサンイン、人間でありながら国や他人の所有物として扱われる奴婢の4つに分かれていて、金で雇われ逃亡奴隷を連れ戻す職業も実在した。

 

また、時代背景としてインジョによるソヒョン世子暗殺説が取り入れられていることにも注目。

 

国が混乱した結果、国民の半数が奴婢に転落したともいわれている。

 

 チュノ~推奴~あらすじでした。