サランヘヨブログ

韓国ドラマ、日本のアニメ等、ジャンルにとらわれずサランヘヨなことを書きたいと思います!

「シンイー信義ー」あらすじ ファンタジーロマンスの詳細は?

 

www.kankokulovecoffee.com

 

「シンイー信義ー」あらすじ!

2012年8月~10月まで全24話。

1.登場人物

2.あらすじ

3.史実では

 

1.登場人物

 
チェヨン(イ・ミンホ)
王の近衛隊ウダルチ隊長。
優れた武功と判断力をもち、約束は命がけで守る信義の男。
ユ・ウンス(キム・ヒソン)
王妃の治療のため高麗時代に連れてこられた美容整形外科医。
最新医療で人々を救う。
 コンミン王(リュ・ドックァン)
高麗第31代王。
人質として元で育った。
元の支配からの脱却を試みるが、無力に苦悩する。
ノグク公主(パク・セヨン)
元の王の娘。
人質だったころからコンミン王を想い、母国を捨てる覚悟で高麗王の夫を支える。
 
元の支配下にあった高麗時代後期を舞台に、現代からタイムスリップした女性医師と寡黙な護衛武士が紡ぐファンタジーロマンスです!
2.あらすじ
 
1351年高麗の王、コンミン王の一行は、元から帰国する道中に刺客に襲われて王妃が重傷を負ってしまいます。
王妃の命を救えるのは天界にいる神医のみという侍医の診断を受け、王の近衛隊隊長チェ・ヨンは伝説の神医を求めて、天界に通じる天門の中へ入る。
だが、そこは2012年のソウル!
美容整形外科医のウンスを神医と勘違いしたヨンは、王妃を助けたら元の場所へ帰すと約束して、彼女を高麗に連れ帰るが、ウンスは困惑してしまう。
しぶしぶ王妃の傷の手当てをしたウンスは隙を見て逃げ出すのだが、唯一の帰り道である天門が閉じてしまった。
チェ・ヨンは、第31代王のコンミン王に仕えた忠臣で、実在の名将です!
「清廉潔白」の代名詞的存在として知られていて、劇中のヨンのキャラクターにも反映されている。
また、元から高麗に嫁いだ王妃ノグク公主とコンミン王のロマンス、妹である奇皇后の地位を笠に着るキ・チョルの言動など、史実を織り交ぜて作られたストーリーも巧妙である。
信義のため命がけで戦うヨンを抑制のきいた繊細な演技で見せたイ・ミンホは、SBS演技大賞ミニシリーズ部門の最優秀演技賞を受賞します。
心の傷を抱え、人を守るためだけに生きてきたヨンがウンスに出会い、生きることへの意味を見いだしていく姿は胸を打ちます。
時代劇初挑戦とは思えないイ・ミンホの剣さばき、スタイリッシュなアクションは見ものです。
3.史実では

伝説の名将チェ・ヨン

多くの戦いで武功を挙げたチェ・ヨンは、コンミン王治世下で近衛隊隊長にもなった高麗末期の名将。
高麗開国の功臣の家柄で、「黄金を見ても石ころと思う人間になれ」という父の遺言を生涯貫いたといわれていて、私欲のない人物として敬われている。
また、劇中で予言されるように、最期は73歳でイ・ソンゲに処刑される。

韓国ドラマ「シンイー信義ー」の詳細についてでした!