サランヘヨブログ

韓国ドラマ、日本のアニメ等、ジャンルにとらわれずサランヘヨなことを書きたいと思います!

韓国ドラマ 「トンイ」の詳細は?

 

www.kankokulovecoffee.com

 

英祖の母の生涯をドラマティックに描いたトンイあらすじ

2010年3月~10月(全60話)

登場人物

トンイ(ハン・ヒョジュ)

明るく聡明。
父の死の真相を知るために後宮で働く。
スクチョンを判官だと信じて親しく交流する。

スクチョン(チ・ジニ)

党派の権力争いに苦悩する。威厳はあるのだが、トンイの前では冗談が好きで優しい素顔を見せる。

オクチョン(イ・ソヨン)

政治派閥・南人派と手を組み王妃を牽制。
トンイに目をかけるが、やがて敵対していく。

チャ・チョンス(ペ・スビン)

秘密組織・コムゲの元一員。
トンイを密かに想い、危機から守ろうとする。
武術に優れている。

あらすじ

イ・ビョンフン監督が正祖を描いた「イ・サン」に続いて手掛けた作品。
正祖の祖父・英祖の生母であり、最下層の身分からスクチョンの後宮となったスクピンチェ氏/トンイの人生を、フィクションを大胆に織り交ぜながら描いた。
スクチョン役のチ・ジニは「宮延女官チャングムの誓い」に続き、イ・ビョンフン監督作品に登場。
既存の王のイメージを覆し、愛嬌たっぷりで活動的なスクチョンを演じて好評を得た。
またハン・ヒョジュも、トンイをハツラツとした魅力で演じ、王とのロマンスの行方が視聴者を惹きつけて30%を超える視聴者を記録した。
朝鮮王朝第19代・スクチョンの時代。
両班のチェ・イクホンが何者かに殺され、賤民による秘密組織・コムゲの首領ヒョウォンとその息子は、罪を着せられ命を落とす。
ひとり生き延びたヒョウォンの娘トンイは素性を隠して宮廷の音楽を司るチャンアグォンのノビとなるのだった。
6年後、持ち前の利発さでスクチョンの側室オクチョンの危機を救ったトンイはオクチョンはな気に入られて後宮を取り締まるカムチャルブの女官へと昇進する。
かつてコムゲの一員であり、武官となったチョンスと嬉しい再会を果たす!
一方、お忍びの外出の時にトンイと偶然出会ったスクチョンは、トンイの聡明さと明るさに惹かれ、身分を判官だと偽り、何かとトンイを助けていた。
だがついにトンイは、その判官こそが王であると知ってしまう。
驚くトンイにスクチョンは、これまでどおりよき友人でありたいと話すのだった。
そのあと、スクチョンの子を懐妊したオクチョンは、権力を握ろうとする一族の陰謀に加担して、スクチョンの正妃・イニョン王妃を除こうとする。

(史実では)

スクピンチェ氏の史料は少なくドラマでのトンイという名や出自は創作である。
スクチョン20年に王子のクムが生まれ、その5年後に側室の最高位であるシュクピンとなった。
そのあと、西人派がヨニングンを支持したため南人派のチャンヒビンとの権力争いが激化。
イニョンワンフが病没すると、チャンヒビンが巫女を使って王妃を呪ったとスクチョンに告げ、チャンヒビンはこれにより死を賜ることになった。

英祖の母の生涯をドラマチックに描いたトンイあらすじでした!